痴女M性感風俗全国案内所 M-1『エムワン』~痴女&М性感の全国No.1ポータルサイト~・痴女・風俗・M性感・デリヘル・ヘルス・SM・東京 関西 他
痴女風俗東京 痴女風俗関東 痴女風俗関西 痴女風俗北海道東北
痴女風俗信越北陸 痴女風俗東海 痴女風俗中国四国 痴女風俗九州沖縄
→M男ではない方、18歳未満の方はご退室下さい。EXIT(出口)

~痴女M性感風俗全国案内所 M-1『エムワン』のコンセプト~

当サイトは、世の中のM男と呼ばれる方に楽しんで頂く為に、M性感、痴女風俗店、を中心に集めたサイトです。昨今の世の中には、積極的な肉食女子、消極的な草食男子という言葉が飛び交っており、風俗業界にもその風潮が流れております。その影響もあり、Mの男性からは、痴女AVのようなプレイが風俗に求められており、様々なプレイ内容が注目されております。いわゆる女性がいじめっ子(痴女)、男性がいじめられっ子(M男)男性自ら下僕や奴隷になり女性に飼われたい欲望から、拘束具で調教され顔面騎乗位から言葉責めや乳首責め、さらには踏んづけ前立腺性感等、様々なプレイが存在しております。さらにさらにを求められる方は、複数の痴女から責められる、痴女複数(集団痴女)プレイ、複数の男性と女性が交わる乱交プレイ、エロの究極スカトロ(黄金)プレイ、と日々変態プレイは増え進化しております。それに伴っておとなのオモチャといわれる痴女、M性感、SMに欠かせないエネマグラという器具もあり男性にドライオ―ガイズムという快感もございます。

M性感とは...

M性感とは、性感ヘルスとSMクラブの中間に位置する風俗の形態です。SMクラブに行くには気が引けるという客向けのプチSM的プレイが楽しめる性感ヘルスであり、真性のMでなくても擬似SM体験を楽しむことができます。受け身の客へ女のコが言葉責めをしながら、全身を徹底的に指で責めまくります。濃厚なプレイが開始され、まずはうつ伏せ状態で全身にパウダーを満遍なく塗られ、爪でサワサワと刺激されます。痴女と化した女のコにSMチックでエッチな言葉責めを仕掛けられて辱められるでしょう。そして彼女の視線は徐々に下半身へ。指サックをはめた中指で前立腺を刺激されながら、サオ、カリ、タマ、…とローションを使用した手コキが行われます。激しい指技のオンパレードで発射寸前になるが、この調子で何度も寸止めされるのです。ラストは蒸れたパンスト&パンティのお股で顔面騎乗され、女のコが垂らした生唾でペニスを激しくしごかれ昇天!という例の通りM性感とは男性の欲望を更に追及したものになっております。

痴女とは...

痴女(ちじょ)とは、猥褻行為を(しばしば常軌を逸して)好む女性を指す俗語の一種とされ、元々は性風俗業界の造語とも言われており、多くの辞書には載っていない。痴漢の「漢」(男性)の対義語「女」を用いた操作的概念であり、明確な定義があるわけではない。 このように評される女性は、満員電車の混雑した所や暗い夜道など人気のない所で、相手の意に反して近づき体に触ったり、自分の性器を触らせる・性的な猥褻行為をするものとされる。いわゆる痴漢の範疇であるため、強制わいせつ罪や各地方公共団体の迷惑防止条例により処罰される。 相手の男性と合意の上で体にさわる時は痴女とはみなされないが、擬似的にそのような「プレイ」を行うケースもあり、それに特化したサービス(性風俗産業における商品)も存在する。なお、男性が同種の猥褻行為を犯す場合は痴漢という。 一般にはアダルトビデオのジャンルとして一定の人気があるほか、イメージクラブ等の性風俗店において、一種の演技として行われる場合もある。その場合は、日本に於いては男性が性行為の主導権を持つケースが多い所を、女性が主導権を持ち、積極的にプレイ進行を担当するものとして描かれる。 ただ定義は嗜好により仔細で異なり、男性側が完全な受け身であることを条件にあげるものや、男性に対する制裁やいじめ・稜虐行為を伴うことを条件にあげるもの、女性による一方的な性的言葉責めを条件にあげるものと様々である。近年では上記のように評される痴女を演じる女優を複数用い、集団で男性1人や人数に劣る男性陣を女性陣主導で擬似的に犯していく集団痴女というジャンルも確立している。

痴女風俗関連キーワード01【前立腺とは?】

前立腺マッサージ 前立腺マッサージとは肛門から指を入れて 腸壁を介して前立腺を刺激することです。 ですので肛門そのものを刺激 する行為とは根本的に異なります。。 前立腺マッサージは肛門にローションを 直接垂らします、そして指を使って肛門を マッサージします。肛門に指を第一関節 まで入れてゆっくりと出し入れします。

痴女風俗関連キーワード02【エネマグラとは?】

前立腺炎治療器具として前立腺を刺激することで性的快感を得られる器具。エネマグラには米国HIH社製のものが本物のエネマグラということで知名度が高いものといえます。ドライオーガズムは用意なことではないことがございます。質の良い器具で丹念に丹念にほぐし、アナルでイク快感を得ることができます。

痴女風俗関連キーワード03【顔面騎乗位】

SMクラブなどでは女性が男性の顔の上に跨って座ることが多く、一般的には女性がサディスト(S)、男性がマゾヒスト(M)のSMプレイとして認識されている。風俗店ではMの客に対し、女王様ファッションのまま跨ったり、下着を着用したまま跨り、息苦しさを味わわせる。顔面に尻や性器が密着して呼吸できなくなると同時に、吸気に含まれる相手の体臭が性的な刺激となる。女性にとっては、男性に長時間クンニリングスを強制させるにも有効な体勢である。また、女性が男性をさらに貶めて奴隷化するため、あるいは忠誠度を試すために、このままの体勢で男性を人間便器として使用し、尿を飲ませたり、究極的には大便を食べさせたりするプレイもある。 女性を辱める羞恥プレイとしても行われる。服従側パートナーと支配側パートナーが共に女性の場合、同性愛者でなければ女性の性器や尻を密着させられることには生理的な嫌悪があるため、独特の嗜虐が楽しめるという。 通常は顔の上に座って呼吸を奪うことが主目的だが、相手に屈辱感を味わわせるために性器や肛門周辺を強制的に舐めさせるためにも用いられる。その場合は和式便器に跨るように顔の上に腰を下ろすが、完全には下ろさず、舌が届くギリギリのところで止める。性器や肛門周辺を舐めやすいように、自ら腰を振って調節する。服従側パートナーを裸にするか着衣のままかは、プレイの流れによる。 嗜好については人それぞれであり、男性が下の場合は相手が痩せている方がいいという人もいれば、太っていなければ嫌だという人もいる。性器や尻の感触を楽しむか、圧迫感や窒息感を楽しむかで変わってくる。

M性感風俗関連キーワード04【回春睾丸マッサージ】

本来の睾丸マッサージとは、勃起不全(ED)、持続力不振、小便不通・不利、などの症状を改善するという効果があるようです。睾丸や睾丸周辺、前立腺の精力を増進させるツボを刺激し、ホルモンバランスを整えることによって男性機能を回復させるマッサージで、最近中高年層の男性にも人気が高いマッサージです。

痴女風俗関連キーワード05【男の潮吹き】

「女性は何度でもイケるけど、男性は射精したら終わり。」その考えは大きな間違いです。射精直後の超敏感になっているペニスを休むまもなく責められ続けると、男性だって再びイキまくって絶頂と共に潮を吹きます! 今まで体験したことのない新たな快感! それが"男の潮吹き"です!! 『男の潮吹き』を体験するには、まず射精した直後に亀頭のピンポイントを刺激(射精直後責め)する事により潮吹きが体験出来ます。 潮を吹く直前は亀頭から全身にかけて、熱さが伝わってきて体全体がゾクゾクし、膝、腰までもがガクガクくるような快感こそが男の潮吹きであります。

痴女風俗関連キーワード06【ドライオーガズムとは?】

ドライオーガズム(Dry orgasm)とは、男性における射精を伴わない性的興奮の絶頂(オーガズム)のことである。ドライオルガズムあるいはドライオルガスムスとも言う。これに対して射精を伴うオーガズムを「ウェット(濡れた)オーガズム」ということもある。

痴女風俗関連キーワード07【性的空想とは?】

性的空想(せいてきくうそう)とは、性行為もしくはそれに関係すると思われる希望的観測を言う。性的幻想とも。 性行為は極めてプライベートな行為であり、個人的な嗜好の差も大きい。また男女問わず個人の性体験は限りがあるとともに、性風俗産業における性行為と一般的な夫婦や恋人間での性行為とでは異なっていることが当たり前である。にもかかわらず、男性女性をひとくくりにした妄想とも言える類型的な空想が存在している。日本におけるこれらはポルノ映画や成人向け雑誌などで主に用いられる概念であり現実的ではないという意見もある。こうした空想が一人歩きする背景には、日本に置ける性の文化の特殊性が上げられる。性を恥ずかしいものとして一般社会から隔離してしまったために、好事家の知識や扇情的な雑誌の記述が一人歩きすることが散見される。

痴女風俗関連キーワード08【変態性欲とは?】

人間の性的行動や性欲のありようにおいて、正常と見なされない種類の嗜好を指す。大正時代から昭和初期にかけては、精神医学における用語でもあったが、現代では青少年育成条例などに法律用語としても用いられている。今日では、性的倒錯(paraphilia)も術語として使われる。なお、日本においては大正時代には、当時、「変態性欲」ブームが起きて文学者から民俗学者までさまざまな人が変態性欲について論じている。当時は自慰 やインポテンツも変態とみなされることがあったが、時代の推移により意味内容は変わっていった。「変態性欲」の語が日本で広まったのは、1914年(大正2年)にクラフトエビングの『Psychopathia Sexualis』が、『変態性慾心理』の題名で翻訳刊行された影響が大きかった。 一般的に、通常生活において性的魅惑を生じない、あるいはそう個々人で考えられている行為や状況に対し、性的興奮を覚える心理を指す。ときとして異常なまでに性に執着する様態を意味する場合がある。異常性欲、変態とも言うが、微妙に意味が異なっており、変態性欲の意味内容自体に曖昧さがある。変態性欲を(主に対外的に)行動に移すとき、場合によって、変質者と呼ばれることがある(変態性欲者のすべてが変質者に含まれるわけではない)。 俗語化した結果と、古い時代の性的倒錯に対する考えかたをそのまま残していること、加えて個々人の偏見に基づく決めつけの為にこの概念が使用される結果、俗語である以上に、他者に対する侮蔑語、差別語として使用されている。21世紀の現代になってもなお、クラフトエビングの著書が、大正時代と同様の『変態性慾ノ心理』という題名で出版されており、本来は学術書である研究書が興味本位で読まれていることも、この趨向に拍車をかけている。ローマ字表記の「HENTAI」の頭を取って、エッチという言葉が生まれたという説もある。ただし、「H(エッチ)」は大正までホモの詐称的隠語として用いられている為、小説などでは時代を上るほど同性愛という意味合いが強くなる。 かつては異性間における性行為である性行為(性交)を標準に捉えて、それから逸脱したと思われる行為を全て変態性欲と定義していた。 例えば、下記の「性行為の逸脱」のような性行為のありよう、性的衝動、同性愛などの性的指向、また多様な性的嗜好が変態であり、「異常」とされていたのである。しかし、この中で、同性愛に関しては、現在は考え方が変わっている。 現在、国際医学会やWHO(世界保健機関)では、同性愛は「異常」「倒錯」「変態」とはみなしておらず、治療の対象から外されている。同性愛などの性的指向については発達障害などとは別のもので、矯正しようとするのは間違いとの見方が主流となっている。一人一人の中で、「同性指向」と「異性指向」がある一定の割合で存在しているというのが人間という「種」の基本的性質であり、そのパーセンテージは自分の意志で簡単に変えたり選んだりできない可変性の低いものになっている。また、日本精神神経医学会は、「同性愛はいかなる意味でも治療の対象とはならない」という見解を宣言している。こうした理解に見られるように、現在では、同性愛を「変態」と呼ぶことは医学的に正確ではない。 ちなみに、下記の説明にもあるように日本で同性愛が変態扱いされたのはキリスト教が流入した明治以降であり、江戸期以前は男色や衆道といったような同性愛文化が盛んであり、これはキリスト教が流入するローマ帝政以前のヨーロッパや中華圏も同様である。詳しくは男色や衆道のページを参照。

痴女風俗関連キーワード09【肉食系女子(肉食女子)とは?】

肉食系女子(にくしょくけいじょし)、または肉食女子(にくしょくじょし)とは、恋愛に積極的な女性を指した造語である。対義語として「草食系女子」がある。 2008年ごろよりマスメディアで取り上げられるようになった。 一般的には「おしとやかな女性像とは正反対に恋愛、セックスに積極的なタイプ」を意味する。以前は若い女性が多かったが 、2009年頃からクーガー女と呼ばれる35才以上の女性が急増している。

痴女風俗関連キーワード10【草食系男子(草食男子)とは?】

草食系男子の定義は論者によって異なる。深澤は、「草食男子」を、『恋愛に「縁がない」わけではないのに「積極的」ではない、「肉」欲に淡々とした「草食男子」』と定義した。森岡は「草食系男子」を、「新世代の優しい男性のことで、異性をがつがつと求める肉食系ではない。異性と肩を並べて優しく草を食べることを願う草食系の男性のこと」と定義した。牛窪の定義は深澤の『平成男子図鑑』の論旨とほぼ同様。森岡は、その後、「草食系男子とは、心が優しく、男らしさに縛られておらず、恋愛にガツガツせず、傷ついたり傷つけたりすることが苦手な男子のこと」と再定義した。パートナーエージェントが30代未婚男女400人を対象におこなった調査によると、「どちらかといえば草食男子」 (61%) 、「完全に草食男子」 (13%) と、「自分は草食男子」と思う男性は75%にのぼった。 マスメディアの取り上げ方としては、読売新聞の2008年8月19日付記事では、「男女関係の新たな時代を感じさせる」とやや肯定的な論調で報じられていた一方、元気のない若者の代名詞として男女を問わず「草食系」が用いられており(恋愛に消極的な若者という意味だけでなく、「ゆとり」のようにいわゆる「温室育ちの若者を表現する言い回しとして用いられることも多い)、2010年5月6日にNHKで放送された『日本の、これから』では、「若者の草食化」と題して中国・韓国の若者に比して元気が無い(と言われる)日本の若者を俎上に挙げた。また、そもそも「(元気のある女性に対し)元気のない男性」というような草食系(男子)という定義自体に否定的・懐疑的なテレビ番組や記事も見られ(例:『週刊ダイヤモンド』2009年12月26日・2010年1月2日号)、様々な議論が存在する。 なお、命名者である深澤は、「草食系」は自分の意図とはまったく反対の意味で流通するようになってしまったとしている。その理由を、女性誌が「モテない理由は草食男子です」と取り上げたこと、マスコミや広告代理店が車が売れない理由を「草食男子が物を買わないせいだ」と取り上げた2つを上げ、結果として「今ではネガティブな意味で使われてしまっている」「体の良い男性叩きの言葉を与えてしまい、申し訳なく思っている」と語っている。

痴女風俗関連キーワード11【逆レイプとは?】

逆レイプ(ぎゃく-)は、女性が男性をレイプすることを表す日本の用語。日本では女性が男性に対し強姦的行為を行った場合であっても刑法上は強姦罪の適用対象とはならないが、この状況は国によって異なり国家によっては強姦罪の適用対象となる場合もある。学術的研究は成人女性の未成年の少年に対する性行為の強要すなわち「法定強姦」の研究が多く、女性が成人の男性を強姦することについての研究はほとんどない。 男性を女性が強姦するパターンは、定まっていない。いくらかのケースでは、眠っていても陰茎はひとりでに反応する。また、女によってバイアグラを強制飲用させられる場合もある。なお逆レイプにはオーラルセックスやペニスバンドを付け男性を後ろからアナル・レイプする行為も含まれ必ずしも単純な「性行為」とは限らない。イラク戦争では、ファルージャにいた聖職者からの話として、男性器型プラスティックを装着した女性兵士が男性をアナル・レイプし、アメリカ軍への抵抗を行わないよう脅迫しているとの証言もあった。 男性を強姦した女性が妊娠して勝手に出産した場合、日本の民法上は子供の養育義務は被害男性にも存在し、遺産相続の権利も法的に保証される。想定としては資産家を強姦し遺産を女性(の子供)が貰う事も可能である。また、レイプ・逆レイプにかかわらず性交によって性病やHIVを感染させようと画策し、これらを伝染させた場合は傷害罪に該当する罪になる。 「逆レイプ」の用語はアダルトビデオ付近で普及したものであるため、現在もアダルト系の分野で用いられる事が多いが、実際のところレイプというよりもSMの要素が多いと言える。

痴女風俗関連キーワード12【フェムドムとは?】

フェムドムは、女性が支配的であれば服従的なパートナーは男性、女性どちらでもかまわない。そのため女性同士のBDSMプレイは単なるレズビアンではなく、Femfemと呼ばれることもある。英語では支配的な女性は「ミストレス(Mistress:女主人)」あるいは「ドミナ(Domina:支配するというDominationの略)」と呼ばれるが、スペインでは「Ama」、フランスでは「Maitresse」と呼ばれる。 主にフェムドムでは支配的な女性は傍若無人にふるまい、服従的なパートナーに対し激しい鞭打ちや屈辱的な仕打ちをする、という認識が強い。これはもともと現実が長らく男性優位社会であったために男性の服従的パートナーにとっては女性に支配されることがそもそも屈辱であり、その価値観の逆転こそがフェムドムの醍醐味と考えられているからである。また女性同士の場合でも、女性だからこそのえげつない責めや仕打ちを行なう、と認識されることが多い。 プレイにおいては鞭打ち、スパンキング、緊縛、男性用貞操帯による射精管理などのプレイから、ヒューマン・アニマル・ロールプレイなどの地位を誇示しやすいプレイが好まれる。また支配的な女性はペニスバンドと呼ばれる張形つきの下着を身に付け服従的なパートナーとアナルセックス行為に及ぶこともしばしばである。

痴女風俗関連キーワード13【騎乗位とは?】

騎乗中の様子に似ているため、この名称が付いている。よって、「騎上位」は誤記である。 男女が向き合う対面騎乗位と、女性が男性に背中を向ける背面騎乗位がある。 仰向けの男性の上に女性が跨って性器を結合させながら、男性が女性の腰に手を添えて上下前後に動かすか、女性が自らそういった動きを行うことで、性器同士のピストン運動を発生させる。男女の配置上、Gスポットや前立腺に当たりやすい。また、対面座位や背面座位とも連係させやすい。 また騎乗位の種類には、一般的に行われる上下運動のピストンだけではなく、女性が上で跨っている状態で、腰をクネクネと前後に動かすグラインド騎乗位というものもある。別名エロ腰とも言われる。 四十八手では、騎乗位のことを「本茶臼」といい、そのバリエーションには「月見茶臼」「時雨茶臼」「宝船」などがある。なお、「忍び居茶臼」や「帆かけ茶臼」は座位の系統になるので、「茶臼」=「騎乗位」ではない。 ソープランドでは、騎乗位で結合したままペニスを中心に女性が回転することを、「花時計」という。 騎乗位は、女性が上になることから、女性の方がイニシアチブを取りやすい体位である、という側面もある。たとえば映画の『氷の微笑』にはヒロインのキャサリン・トラメル(演:シャロン・ストーン)が、男の手をベッドの端に縛り付け、騎乗位で責め立てるシーンがある。このシーンは、彼女の攻撃性や猟奇性をはっきりと印象づける。

痴女風俗関連キーワード14【ミストレスとは?】

ミストレスは、「女主人」のことを指す英語。本来マスター (Master) の、女性用として存在する英語。転じて女主人、女性支配者、女教師、愛人、「女王」を指す言葉として用いられる。

痴女風俗関連キーワード15【ペニスバンドとは?】

もともと勃起不全の男性の性行為補助具として紹介・販売されており、初期のものはディルドそのものが中空で中に本人のペニスを挿入して使用するものが多かった。また海外製のディルドには末端に吸盤が付いていて浴室の壁に固定できるものがあり、ディルドを固定するという発想・欲求は自然発生的に存在していた。SMプレイやフェムドムにおいてミストレス(Miistress:女主人、いわゆる女王様)がペニスの代わりとして装着し、肛門や女性の性器に挿入することにより(これで男性に対しアナルセックスを行う事を、特に「逆アナル」と呼ぶ)、倒錯的な性的快感を得ることができるため、一部の愛好者に人気がある。また、BDSMを伴わないレズプレイに用いられることもある。日本ではアダルトゲームのminkの作品『美しき獲物たちの学園』などにも登場する。通常サイズのディルドを身体に固定するものが一般的である。日本では法的規制によりあまりリアルなディルドは販売できないが、海外製では実物からかたどったと思わせる陰嚢付き製品も存在している。体に固定するバンドはTバックやコルセットのような形をしている。おおまかに分けてバンドが一体化しているものと、バンドに固定具があり、市販もしくは専用のディルドなどを固定できるものがある。ディルドの固定方法にも種類があり、プラグ式とリング式、クリップ式などがある。相手に挿入するためのディルドだけでなく、装着者本人のヴァギナや肛門に挿入可能なディルド(プラグ)を装着できる製品もあり、同時に挿入者も快感を得ることができる工夫がされている。前述の非一体化式のバンドであれば、サイズの合うバイブレータを装着することも可能である。また、バイブレーター機能がついた一体化式ペニスバンドも存在している。股間に装着するタイプが一般的であるが、変わったところでは短めのバンドを持ち太ももなどにつけて抱き合ったままプレイが可能なペニスバンド、相手の胸に装着して騎乗位で挿入を見せつけるペニスバンド、あごに装着してオーラルセックスと同時に挿入感を楽しむことのできるラバー製のペニスバンド(形状はマスクに近い)も存在する。

痴女風俗関連キーワード16【SM調教とは?】

SMの世界では、前述の侮蔑的な意味を踏まえて人間に対し調教を行う。これは世間の一般常識に慣らされてしまっている相手に対し、SM的手法による性的快楽を促すためのものである。具体的には、羞恥心は誰もが持っているものであるが、その羞恥心によって性の喜びを享受しきれない場合もある。例を挙げるなら、「緊縛されたり、鞭打たれたり、浣腸されたりすることで快感を覚えることが変態性欲であり、それが異常だと思っている」相手を、「緊縛や鞭打ち、浣腸(その結果の、他人の眼前での排泄なども含む)という行為で快感を覚える、現実の自分自身を恥じないようにする」、そんな一種の教育をSM世界での「調教」と呼ぶ。またあるいは、被虐者が責め手のきびしく淫猥な責めプレイなどに耐えかねて、「その羞恥や苦痛、辱から脱したい、もしくは周囲の人間に救いを求めたい」、などと思いかけた際に、「その思いを上まわる快楽やSMプレイへの欲求を、被虐者の心身に修得させ、改めてSMの世界に引きずり込む」ことも、同様の「調教」といえる。ただし、あくまでSMプレイの範疇であり、精神的に追いつめると、意図しない結果を招くこともある。一般的に肉体的精神的苦痛を受けた人間は、苦痛を与える人間に従順になり、ある程度の命令に従うようになる。その傾向が強くなると、暴力ですら好意的にとらえ、相手に依存感情を持つ場合すらある。これはSMとは関係ない人間の適応機制の一種であり、防衛反応の一種である。

痴女風俗関連キーワード17【女尊男卑とは?】

小粥義雄著/ヒトラー政治戦略研究会編『ヒトラー選挙戦略〜現代選挙必勝のバイブル〜』(永田書房)は、ヒトラーに習った現代選挙の必勝ポイントの一つとして「女尊男卑」を挙げている。また、DIAMOND online2009年1月9日付において、池内ひろ美は、女性が結婚や出産をしたがらず少子・晩婚・非婚化が起きている原因を、「現代日本人男性の多くが「一流の遺伝子」を持つ男でないからである」とし、「男は意識を変えろ」、「『あなたの子どもを産みたいわ』、女性にそう言わせてこそ一流の遺伝子を持つ男である」などと優生学、遺伝子差別、優等血統主義を肯定し、女性に対しては何の責任追及は行わず、男性に少子化問題の責任を全て押し付け、転嫁する発言を行った。なお、遺伝子が親から子へ受け継がれる過程には男女差は存在せず、ある社会の中でもっぱら男性ばかりが劣った遺伝子を持つというケースは極めて考えにくい。俳優菅原文太は、「芸能界をはじめとする現代日本社会は、若い女性ばかりが甘やかされ、もてはやされ過ぎである」という主旨の発言をしている。また、漫画家の花沢健吾は「今の日本って女尊男卑じゃないですか。女性専用のスパゲッティ屋ができたとか聞くと、最悪にムカつきますね。男性が優遇されまくっている逆転した世界みたいなものを描いてみたいですね。」と述べ、実際に『なで☆シコ』という作品で「男性が優遇されまくっている逆転した世界」を描き、現実世界の女性優遇に対する鋭い風刺・批判を行っている。福島瑞穂(社民党)は「痴漢事件には必ず加害者が存在するのであるから、冤罪者が出る危険性もあるが、女性の人権擁護を第一義的に考え、そのリスクは社会的コストとして受け入れるべき」との発言をしている。

痴女風俗関連キーワード18【SM (性風俗)とは?】

SMとは、サディズムおよびマゾヒズム的な性的嗜好に基づいて行われる倒錯的プレイ全般、ないし同プレイを含む文化様式(サブカルチャー)群の総称である。一般には、サディズムとマゾヒズムが独立した性的嗜好であるように見られる傾向もあるが、実質的にはコインのように表裏一体のものであるケースも少なからず報告されており、プレイの一環として実情は人道に反するような性質は無い。「SM」は、加虐嗜好の「サディズム」(sadism) と被虐嗜好の「マゾヒズム」 (masochism) が組み合わせられたサドマゾキズム (sadomasochism) の略語である。日本では「SM」をそのままエスエムと読むほか、サドマゾということも多い。加虐嗜好者のことを「サディスト」(sadist) あるいは単に「S」、被虐嗜好者のことを「マゾヒスト」(masochist) あるいは単に「M」という。Sは必然的にMを支配する立場となることから、Sのことを「ご主人様」あるいは「トップ」(最上位)、Mのことを「奴隷」あるいは「ボトム」(最下位)などと呼ぶこともある。精神医学面での「性的サディズム」などでは、性的興奮を得るために(相手の意向にお構いなく)一方的に何かを虐待するという性格異常を発揮し、一方の「性的マゾヒズム」では辱めを受けたり自らの肉体を損傷する(自傷行為)ことで性的興奮を得るとされる。ただこれらは、性的倒錯(パラフィリア)と呼ばれる精神障害である。性風俗や性の文化としてのSMの場合は一種の倒錯プレイ(何かの役割を演じることで性的興奮を得る様式)として行われるものが主となっており、これは「抑圧の解放」などといった意味付けも見られ、非日常的な行為を体験することと解される。 この中ではボンデージなどといった独特のファッションスタイルも見られ、ことさら非日常性を演出する傾向が見られる。日本では俗に「緊縛」と呼ばれる縄で縛り付ける行為も見られ、この緊縛にも「緊縛師」と呼ばれる専門家が存在するなど独自文化も形成しており、いわゆる「ソフトSM」と呼ばれる行為では「手を(軽く)縛る」や「目隠しをする」といったプレイも見られ、それを含めると潜在的愛好者層は相当数にのぼると見られている。日本では羞恥プレイや緊縛プレイといったジャンルのポルノ媒体も相当な比率を占め[要出典]、同愛好者層の幅の広さも伺える。 なお性的サディズムの傾向はドメスティックバイオレンス(DV:配偶者からの暴力)という悲劇的な状況も発生させうるが、いわゆる性風俗におけるSMでは双方同意のうえで「叩いたり、叩かれたり」といった行為が行われ、また深刻な負傷を発生させないよう抑制された暴力または工夫された擬似的暴力であるといった相違がある。 その一方で、いわゆる「ハードSM」と呼ばれるものでは「鞭打ち」や「ロウソク責め」、性器ピアスを取り付け乱暴に引っ張る・性器が原形を留めないほどに弄り回される(身体改造の歴史的背景を伴わないものの類)などのプレイの分野もある。 SMの行為に参加する者たちが、主人の役割を演じる者と、奴隷の役割を演じる者に分かれ、合意のもとに性的な快楽を得ることを目的としてSMの行為を行う。主人役が奴隷役を責める方法には、文化的・民族的な趣味嗜好の違いがある。道具や準備が簡単な方法では、主人役が奴隷役を叩く、つねる、殴る等して肉体的に責める、または罵倒する。むちやろうそく、ロープなどの道具を使って奴隷役をを肉体的に責める方法もあり、この場合は道具を事前に揃えたり、器具を配置するなどの準備が必要である。日本では、古くから伝わる緊縛の技術が、SMの行為によく取り入れられている[要出典]。SMにおける緊縛とは、奴隷役を演じる者の体をロープなどで縛って身動きがとれないようにすることである。 SMの行為を行うときに、必ずしも裸になる必要はない。コスプレを好む者は、あえて着衣で行う場合もある。 痛い責めのほか、精神的な恥辱を与える責めもある。主人役が奴隷役を罵倒するような言葉によって相手を責めることがある。奴隷役に、普段なら人前では見せないような、羞恥心を煽る恥ずかしい恰好をさせることがある。奴隷役を演じる者に、排泄をさせたり、主人役が奴隷役に向けて尿をかけたり、尿を飲ませたりすることがある。第三者に行為の様子を観覧させることがある。 SMの行為において、主人役を演じる者が奴隷役を演じる者に対して行為を施すことを調教になぞらえて呼ぶことが多い。 男性と女性という異性愛者間でのSMの行為のほか、男性同性愛者間のSMの行為や、女性同性愛者間のSMの行為もみられる。SMの行為を行うのが一人対一の場合のほか、多人数で行うことも、1人で行うこともある。SMがドメスティックバイオレンス(DV)ではない理由は、DVを受ける者が責めを受けることに合意していないからである。

痴女風俗関連キーワード19【ボンデージとは?】

ボンデージは、本来拘束状態を示す英語である。SMプレイのことを指すように用いられた結果幅広く解釈が広がり個々の定義は広範化している。ボンデージとは、何を指すのかについては様々な意見があり、次のような観点がある。BDSMを行っているグループでは、ボンデージは服従、被服従関係を築く技術の1つである性行為を行うカップルの間では、ボンデージは性行為の技術の1つである自慰行為を行うものにとっては、想像をかきたてる方法である自縛行為に代表される、1人で行えるものであるボンデージはほぼ全ての性的嗜好の人に受け入れられる要素があるが、性的関係で革・ラテックス・PVC等の光沢のある衣服に身を包むという嗜好が1つであると考えられている。近年は減少傾向にあるが、なぜか日本語では「ボンテージ」と濁らずにカタカナ表記される事が多い。原語のBondageを承知していれば起こり得ないカタカナ表記である。どうもボクシング用語であるバンテージとの混乱があると思われる。ボクシング用語であるバンテージの原語はBandageであり「包帯」を意味し、Bondageとは似て非なるものである。なお、発音記号上はどちらも濁らずにカタカナ表記するのは正しいとは言えない。

痴女風俗関連キーワード20【手淫とは?】

手淫(しゅいん)とは、手を使って性器を刺激し性的快感を得ることをいう。元来は自慰(オナニー)そのものを指していた。手コキ手マン性行為における性的興奮を得る為に、男性自身ではなくパートナーが男性のペニスを手で掴み、その前後(ピストン)運動で射精させることは、俗に手コキ(てコキ)と呼ばれている。「手」で「扱(しご)く」の意。女性の性器を手で刺激することは手マンと呼ばれることもある。 (ラテン語では"digitatio"というが、相手が女性の場合は"titilatio"という。) 本項に於いては、俗に言う「手コキ」について記述する。手コキの実施方法男性器への性的刺激を受け、射精が近くなると精巣が固く引き締まってくる。片手で陰茎をしごきながらもう一方の手で精巣を触って固さを確認すれば、射精が近いか知ることができる。射精すると性欲や性感が急速に減退し勃起が解消されるため、男性が射精に至る寸前に手によるピストン運動を止め、射精を遅らせることがある。これによ り男性に長時間の性的快感を与え、女性も性的充足感を得ることができる。この射精させない手法を俗に「寸止め」と言い、手コキにおいて深い快感を与えるためには不可欠である。。 手コキを終える頃合いは、射精が完全に終了し、勃起が解消され始める頃が適している。これより早いと男性の快感が不足し、遅過ぎると射精後に苦痛を伴う。また、連続して射精させる場合や男性が疲れていたりする場合は、刺激を加え続けてもなかなか射精に至らないことがある。

痴女風俗関連キーワード21【クンニリングスとは?】

クンニリングス(英: 仏: 独: cunnilingus)は、女性器(クリトリス・尿道口・膣・小陰唇・大陰唇)を直接舌や唇・歯などで舐めて性的刺激を与える行為。オーラルセックスの一種。俗ラテン語のcunnus(外陰部)とlingere(舐める)が語源である。日本語では「クンニ」と略すことが多い。女性同士のクンニリングスクンニリングスは口から性器への愛撫の一種であり、受け手に幅広い性感を引き起こし、中でもクリトリスの感覚が非常に重要である。唾液や水性の潤滑剤(英語版)がよく用いられ、優しくなめらかな刺激を可能にしている。パートナーからの反応に耳を傾けながら、(指マンのような)他の愛撫や、体全体へのさまざまな刺激と組み合わせることでクンニリングスは双方に幅広い快楽を取り交すことを可能にする。前戯として行われることも多いが、オーガズムにまで至るか否かに関わらず、クンニリングスはそれ自体が性行為である。
M性感・痴女風俗ナビ

痴女風俗M性感検索サイト相互リンク

アクセスランキング