東京M性感デリヘル|痴女風俗|M性感風俗|M-1『エムワン』       

  管理画面ログイン   掲載について   相互リンク   お問い合わせ
ロゴ|痴女M性感風俗全国案内所・痴女・風俗・M性感・デリヘル・ヘルス・SM・東京 関西 他 東京女性高収入求人|痴女M性感風俗全国案内所・痴女・風俗・M性感・デリヘル・ヘルス・SM・東京 関西 他
ワクワクメール
五反田M性感クラブG
五反田M性感クラブG
淫乱痴女倶楽部 ショコラ
淫乱痴女倶楽部 ショコラ
 
 

痴女M性感風俗

えっちなかおり
五反田痴女性感フェチ倶楽部
顔面騎乗位株式会社
いけない痴女倶楽部
痴女M性感カリスマ
SM倶楽部 ラ・マン
痴女M性感風俗店
痴女M性感風俗店
痴女M性感風俗店
痴女M性感風俗店

        痴女M性感リアルタイム

日時 イベント 店舗名
02/21/19:23
淫乱痴女倶楽部 ショコラ
02/19/20:50
淫乱痴女倶楽部 ショコラ
02/18/19:36
淫乱痴女倶楽部 ショコラ

        クチコミ報/リアルユーザー体

日時 感想 店舗名
07/31/14:54
五反田痴女性感フェチ倶楽部
07/30/19:50
五反田痴女性感フェチ倶楽部
05/14/20:12
東京解放区
れおん
五反田痴女性感フェチ倶楽部
まゆ
愛のてほどき
ソラ
五反田M性感クラブG
れい
愛のてほどき
ゆうこ
愛のてほどき
ネネ
五反田M性感クラブG
五反田痴女性感フェチ倶楽部
ゆい
五反田痴女性感フェチ倶楽部
五反田痴女性感フェチ倶楽部
麻里奈(マリナ)
五反田M性感クラブG
ゆりこ
愛のてほどき
ななみ
愛のてほどき

痴女M性感風俗店舗一覧No1.痴女No1.女王様ご紹介

   えっちなかおり

業種M性感
地域

日暮里・西日暮里

電話番号03-5604-5803
営業時間

15:00〜23:00

   淫乱痴女倶楽部 ショコラ

業種M性感
地域

吉祥寺

電話番号0422-27-2829
営業時間

12:00~翌5:00

   痴女M性感風俗店舗募集中

業種デリヘル
地域

東京

電話番号00-0000-0000
営業時間

am00:00~LAST

 

   痴女M性感風俗店舗募集中

業種デリヘル
地域

東京

電話番号00-0000-0000
営業時間

am00:00~LAST

 

   痴女M性感風俗店舗募集中

業種デリヘル
地域

東京

電話番号00-0000-0000
営業時間

am00:00~LAST

 

   痴女M性感風俗店舗募集中

業種デリヘル
地域

東京

電話番号00-0000-0000
営業時間

am00:00~LAST

 

   痴女M性感風俗店舗募集中

業種デリヘル
地域

東京

電話番号00-0000-0000
営業時間

am00:00~LAST

 

   痴女M性感風俗店舗募集中

業種デリヘル
地域

東京

電話番号00-0000-0000
営業時間

am00:00~LAST

 

 池袋痴女性感フェチ倶楽部

M性感
池袋
03-5956-5252
朝9:00~翌5:00
店舗ページを見る

 顔面騎乗位株式会社

M性感
新宿
03-6228-0290
17:00~翌5:00
店舗ページを見る

 五反田痴女性感フェチ倶楽部

M性感
品川・五反田
03-6431-9949
朝9:00~翌5:00
店舗ページを見る

 愛のてほどき

M性感
大塚
03-5957-3839
受付9:45~夜8時
店舗ページを見る

 新宿M性感フェチ倶楽部タントラ

M性感
東京
03-6380-4434
18:00~Last
店舗ページを見る

 変態なんでも鑑定団

フェチ性感
鶯谷北口
03-5808-5765
9:30~LAST
店舗ページを見る

 インテリお姉さんのMスクール

M性感
錦糸町
03-6666-9299
12時~01時
店舗ページを見る

 痴女M性感カリスマ

M性感
大塚駅
03-5980-8678
11:00~23:00
店舗ページを見る

 新宿Mヤプー

Mフェチ専門店
新宿
03-5285-6880
pm12:00~LAST
店舗ページを見る

 五反田M性感クラブG

M性感
品川区五反田
03-5436-2405
12:00~23:00
店舗ページを見る

 SM倶楽部 ラ・マン

SM
鶯谷
03-5808-6026
10:00~翌5:00
店舗ページを見る

 渋谷 エムスタイル

M性感
渋谷
03-6415-7178
am10:00~LAST
店舗ページを見る

 マニアック女人館

業種あらゆる変態
地域多摩 八王子 立川
電話0428-30-7017
営業時間13:00~24:00
店舗ページを見る

 絶対服従 闇鍋会

業種M性感
地域新宿区歌舞伎町
電話03-6457-3380
営業時間12:00~24:00
店舗ページを見る

 湯島・御徒町美療

業種M性感
地域東京
電話03-5812-7747
営業時間9:30~24:00
店舗ページを見る

 DESSERT(デザート)

業種M性感
地域池袋東口
電話0120-023-564
営業時間12:00〜24:00
店舗ページを見る

 立川誘惑痴女倶楽部

業種M性感
地域東京
電話042-519-5448
営業時間11:00~24:00
店舗ページを見る

 池袋誘惑痴女倶楽部

業種M性感
地域池袋
電話03-5979-7624
営業時間11:00~24:00
店舗ページを見る

 池袋 SMクラブ 無我

業種SM
地域池袋北口
電話03-3980-3774
営業時間am11:00~LAST
店舗ページを見る

 M性感C.C.Cats

業種M性感
地域渋谷道玄坂
電話03-3462-5568
営業時間12時~翌4時
店舗ページを見る

 変態Clubラツィエル

業種変態 フェチ
地域池袋
電話03-5928-1980
営業時間12:00~ラスト
店舗ページを見る

 パープルヘイズ

業種M性感
地域五反田
電話03-5420-7971
営業時間10:30~26:00
店舗ページを見る

 ダイアナ

業種M性感
地域東京
電話03-5428-3718
営業時間10:00~5:00
店舗ページを見る

 東京解放区

業種変態デパート
地域鶯谷発→周辺地域派遣
電話03-5808-1223
営業時間午前11時30分~LAST
店舗ページを見る

 アンモラル

業種M性感
地域東京
電話03-5957-3535
営業時間13:00~ラスト
店舗ページを見る

 痴女倶楽部DOGU

業種M性感
地域東京
電話03-3444-4841
営業時間11:00~翌4:00
店舗ページを見る

 AF無料専門店 花物語

業種AF無料
地域鶯谷発
電話03-5808-1054
営業時間11:00~23:00
店舗ページを見る

 M男さんのマイホーム

業種M性感
地域鶯谷
電話03-6458-1177
営業時間11:00~23:00
店舗ページを見る

 回春性感マッサージ倶楽部

業種回春エステ
地域池袋
電話03-5956-9919
営業時間am9:00~翌5:00
店舗ページを見る

 夜叉姫

業種M性感
地域東京
電話03-5759-5172
営業時間10:00~翌朝5:00
店舗ページを見る

 行列のできるM相談所

業種M性感
地域鶯谷・日暮里
電話03-6802-3936
営業時間10:00~24:00
店舗ページを見る

 クラブクラリス

業種M性感
地域巣鴨
電話03-5976-7408
営業時間12:00~深夜
店舗ページを見る

 ミスティー

業種M性感
地域東京
電話03-3495-2267
営業時間11:00~ラスト
店舗ページを見る

 痴女性感 ザ☆痴女

業種M性感
地域東京
電話03-5824-7475
営業時間9:00~ラスト
店舗ページを見る

 痴女@女王様

業種M性感
地域東京
電話03-5808-3755
営業時間11:00~ラスト
店舗ページを見る

 AX痴女フェチクラブ青山

業種M性感
地域東京
電話03-5391-0422
営業時間18:00~翌5:00
店舗ページを見る

 Club☆痴女ギャル

業種M性感
地域東京
電話03-6457-6226
営業時間12:00~5:00
店舗ページを見る

 痴女M性感風俗店舗募集中

業種デリヘル
地域東京
電話00-0000-0000
営業時間am00:00~LAST
 

 痴女M性感風俗店舗募集中

業種デリヘル
地域東京
電話00-0000-0000
営業時間am00:00~LAST
 

痴女M性感風俗相リンク

  東京   関東   関西   北海道・東北   信越・北陸   東海   中国・四国   九州・沖縄   エムワン割   エムタダ券
Copyright(C)2012M-1『エムワン』痴女M性感風俗全国案内所 ~痴女&М性感の全国No.1ポータルサイト~ All Rights Reserved.
管理画面ログイン 掲載について 相互リンク お問い合わせ
東京の痴女M性感風俗店をご紹介するページです。 下記に該当する。東京地域の(風俗、SMクラブ、デリヘル、ヘルス、性感マッサージ)店舗を対象としております。 新宿・大久保|渋谷|青山・六本木・赤坂|目黒・恵比寿|品川・五反田・白金|池袋・目白|巣鴨・大塚|鶯谷・日暮里|吉原|上野・湯島・御徒町|秋葉原・神田|銀座・新橋|錦糸町・葛西・新小岩|杉並・中野|立川・八王子・吉祥寺|町田・多摩|北千住・金町|板橋・練馬・北| 東京では上記地域に対象としお探しのユーザー様に幅広くご利用して頂けます。 ◆新宿・歌舞伎町 エリアってこんなところ! 新宿は、都庁を中心とした副都心高層ビル街と、日本一の歓楽街といわれる歌舞伎町を併せ持つ知名度の高いエリアです。 その中心である新宿駅は、JR東日本、京王、小田急、東京メトロ、都営地下鉄のターミナルとなっていて、世界一利用者の多い駅としてギネスブックにも認定されたことがあるほどで、国内でもダントツの乗車人数です。 駅東側(東口)は、改札を出るとすぐに「新宿アルタ」が見えます。スタジオアルタで有名ですね。アルタ前は待ち合わせとしても大変よく利用されてます。また、老舗デパートや飲食店、映画館などが立ち並び、昼夜を問わず人の波が途絶えることがありません。 西側(西口)の駅前には大型量販店が立ち並び、ショッピングを楽しむ外国人旅行者の姿も目立ちます。少し先へ進むと、高層ビル群や東京都庁のある新宿副都心となっています。都庁には展望室があり、無料で360度の眺望を楽しむことができ、晴れた冬の日には富士山もくっきり見えます。夜も23時まで開室しているので、十分に夜景を楽しむことができ、デートスポットとしても人気です。 南側は、以前は民家や商店などが残り雑然としていましたが、近年では開発が進み、高層ビルや大型デパートなどが建設され、街並みもすっかり整備されています。中でも「タカシマヤタイムズスクエア」は有名店のテナントも多く、たくさんの買い物客で賑わっています。実は、「タカシマヤタイムズスクエア」は、新宿区ではなく渋谷区に区分されていることは、あまり知られてません。また、南口にもアルタのような屋外型大型ビジョンが建設され、待ち合わせなどで大変混雑するようになりました。新宿駅に隣接する「ルミネ」には吉本興業の芸人らが出演する劇場「ルミネtheよしもと」があり、毎日公演があります。お笑いが好きならぜひ一度足を運んでみてはいかがですか? 南口から西口への近道としても知られる「モザイク通り」にも、多くの雑貨屋や飲食店が並び観光スポットになっています。 北側には、歌舞伎町があります。新宿駅には北口という出口はありませんから、東口を出て北に向かって歩き、靖国通りを超えるとそこがもう歌舞伎町です。歌舞伎町は、飲食店、ホテル、アミューズメント、風俗店など約4000件が軒を連ねる、世界有数の歓楽街となっています。新宿ゴールデン街も歌舞伎町の中にあります。歌舞伎町を「怖い街」というイメージを持っている人もいらっしゃるかもしれませんが、何の情報も持たずに怪しい店に入ったり、怪しい客引きに引っかかったりしなければ、それほど危険なことはありません。リーズナブルでおいしい飲食店もたくさんあります。もちろん、ありとあらゆる娯楽施設も揃っているので、いくらでも遊んでいられるエリアです。宿泊施設も充実していますが、「眠らない街」として知られているくらいに夜通し楽しむことができるのです。 歌舞伎町のメインストリートは「セントラルロード」で、きれいに整備された道幅の広い通りで、多くの旅行者やカップルが散策を楽しんでいます。セントラルロードの1本西側に位置する「一番街通り」の方が、より歌舞伎町らしい雰囲気があります。また、セントラルドードの1本東側に位置する「桜通り」は、昔と変わらない歌舞伎町の街並みがあります。歌舞伎町は、町全体が風俗街と呼ばれるくらいに、風俗店が密集していますが、特に、セントラルロードと桜通りを結ぶ「仲見世通り」付近にはソープランドの密集スポットとなっています。華やかでエネルギッシュな歌舞伎町は、訪れる人々に元気をくれます。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆渋谷 エリアってこんなところ! 渋谷は、JR渋谷駅を中心に、大型ファッションビルが並ぶほか、映画館、ライブハウス、コンサート会場などの施設も充実した、流行の最先端の街であることは、多くの人に知られています。 渋谷駅は、JRの他にも東急、東京メトロ、京王井の頭線が乗り入れるターミナル駅で、増改築を積み重ねて立体的な構造になっていることから、ダンジョン(迷路)のようだと噂されたこともあり、その通り、迷子になりやすい駅です。 ハチ公改札を出て、交差点方面に進むと、ちょっとした樹木に囲まれて、忠犬ハチ公の銅像があります。ハチ公前広場は、待ち合わせスポットとして全国的に有名です。多くの人が集まるので路上パフォーマンスをする人も見受けられます。 駅に直結する「渋谷マークシティ」は、主に大人の女性をターゲットにした複合施設で、女性に人気のある有名店舗が軒を並べており、人気スポットとなっています。 渋谷駅前交差点から続く約350mほどの区間は「渋谷センター街」と呼ばれ、飲食店やゲームセンターなどが建ち並び、若者に人気の街です。 渋谷駅から代々木公園の方向に向かっていくと、吉本興業のホールである、ヨシモト∞ホール(ヨシモトむげんだいホール)があり、若手芸人を中心としたお笑いライブやトークイベント、テレビの収録などが行われています。このホールでは至近距離で芸人の姿を見ることが出来るのが特徴です。 さらに進むと、NHK放送センターがあります。ここには、NHKスタジオパーク(通称スタパ)が併設されていて、収録スタジオの見学やアフレコ体験などができ、1日楽しむことができます。 渋谷駅西口から代官山方面に進むと、「コスモプラネタリウム渋谷」があります。「渋谷区文化総合センター大和田」内に2010年11月に開館したプラネタリウムで、最新のシステムとゆったりした座席で話題を呼んでいます。 渋谷駅東口には、渋谷の新たなランドマークとして2012年に「渋谷ヒカリエ」がオープンしました。東急百貨店やカフェやレストランのほか、「東急シアターオーブ」「ヒカリエホール」等の文化施設も充実し、渋谷における情報と文化の発信拠点として期待される新名所となりました。ヒカリエの中では、トイレのことを「スイッチルーム」と呼び、特に女子トイレの設備の充実ぶりは、もはやトイレを超えたといわれています。渋谷駅周辺の再開発事業のトップバッターがヒカリエですから、今後どんな風に変わっていくのか気になりますね。 けやき並木のある道玄坂をやや上った右側に百軒店(ひゃっけんだな)通りへの入り口があります。このエリアには、風俗店やラブホテルが多くあります。若者の街として知られている渋谷ですが、風俗の評判が高いことでも有名です。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆恵比寿・六本木・赤坂・青山 エリアってこんなところ! 恵比寿は、高級住宅街や大使館などがあり、落ち着いた雰囲気があります。JR恵比寿駅周辺には、おしゃれでちょっとリッチなカフェやレストランが点在しています。サッポロビール恵比寿工場の跡地に「恵比寿ガーデンプレイス」という複合施設が建設されてから、恵比寿は若い女性の間で人気のスポットとなりました。恵比寿駅東口を出ると400mほどの動く通路があり、天候を気にせずにガーデンプレイスにアクセスできるのでたいへん便利です。ガーデンプレイスの入り口近くにある「時計広場」は、待ち合わせスポットとしてもよく利用されていましたが、テレビドラマで知名度が上がり、ドラマファンが聖地めぐりとして多く訪れるようになりました。 敷地内の恵比寿ガーデンプレイスタワーには、無料で利用できる展望スペースがあり、新宿や渋谷方面の夜景がとてもきれいに見えます。また、敷地内は美しくガーデニングが施されていて散策にもおすすめのエリアです。 恵比寿には風俗街はありませんが恵比寿発のデリヘルが人気を呼んでいます。 六本木は、戦後、外国人向けの商店や飲食店が少しずつ出来始め、海外スターや芸能人の出入りする店があることから有名になっていきました。そして日本人向けの飲食店も次々にオープンし、人気プレイスポットとして急上昇したエリアです。昭和の時代には六本木をテーマにした歌謡曲が多数ありました。 六本木には有名な高層オフィスビルも多数集まり、昼夜問わず、ビジネスマンやオフィスレディの姿があります。特に、「六本木ヒルズ」はオフィスや高級マンション、映画館に商業施設などからなる複合施設として、聞いたことのない人はいないでしょう。テレビ朝日本社ビルもこの中にあります。住居棟である六本木ヒルズレジデンスには大物タレントや著名人が居住していて、まさに憧れの世界です。また、オフィス棟には、ITベンチャー企業が多く入居していて、「ヒルズ族」と呼ばれています。 六本木へのアクセスは東京メトロの六本木駅か六本木一丁目駅が便利です。近くに大使館が多いため外国人の姿も多く見かけます。 夜になるとネオンサインが輝き、キャバクラが目立ち、六本木が夜の街であることがはっきりします。風俗はデリヘルが中心ですが、その土地柄で高級店が多いです。 赤坂といえば、TBSテレビがあることで有名ですね。高度成長期には、高級料亭が多数あり政治家や大物タレントが足を運んでいました。有名なバーやキャバレーが立ち並び、接待と称して利用する社用族でたいへん賑わっていたものです。 現在は、高級料亭は減り、大衆向けの飲食店が増えました。日本食から韓国、中国の料理、エスニック料理などあらゆる飲食店が路地裏までもひしめくように立ち並んでいます。ランチタイムになると、人気店には付近のオフィスで働くビジネスマンで行列ができます。 赤坂の夜は、もちろん今でも伝統的な歓楽街として賑わいを見せていますが、2008年に「赤坂サカス」という複合施設がオープンしてからは、放送局主催の大型イベントを開催ているお台場や汐留に肩を並べるよう規模になり、観光客も多く訪れています。 青山は、ファッションブティックとおしゃれなカフェが立ち並ぶ、洗練された都会のイメージの高い街です。周辺には、デザイナーのアトリエや有名美容室やエステティックサロンなど、リッチな気分を味わいたいという女性たちで賑わっています。 青山から明治神宮にかけてのイチョウ並木は、ドラマやCMなどの背景として頻繁に使われているので、誰もが目にしたことがあるでしょう。このイチョウ並木は、樹高順に青山口より下り勾配にしたがって植えられていて、より立体的に見えるよう、絵画の遠近法を活用した植樹となっているのです。ぜひ、青山口や絵画館の階段下から眺めて、そのスケールの大きさを実感してください。 青山や赤坂にもたくさんの風俗店があるのですが、その特徴は、高級派遣ヘルスが多いことです。もちろん一般的なデリヘルもありますし、イメクラやソープランドなども、多くはないですが点在しています。また、この付近は出会い喫茶の出店も盛んです。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆大久保・新大久保・高田馬場 エリアってこんなところ! 大久保は、同じJRでありながら、大久保駅と新大久保駅が至近距離にあるという珍しいエリアです。その利便性の良さからオフィスも多くビジネスマンの姿もあっります。JR大久保付近は古くからある住宅街ですが、歌舞伎町に近いことから、以前は「裏歌舞伎町」と言われ、歌舞伎町のベッドタウンでした。その名残で、大久保駅ホームからもファッションヘルスなどの看板が目につきます。JR新大久保駅にかけて歩いていくと、ラブホテルや韓国料理店などが目立ってきます。 新大久保駅は、都内最大、日本でも有数のコリアンタウンとして有名です。その歴史は、在日系企業であるロッテの工場があったため、そこで働く韓国人が多く住み始めたことがきっかけとなっているようです。「大久保通り」と「職安通り」に挟まれたこのエリアは、路地裏までもが、飲食店をはじめとする韓国系ショップがひしめくように建ち並んでいます。また、在日韓国人や韓国からの旅行者を対象にした土産物屋や宿泊施設なども充実していて、その状態は「パスポートのいらない韓国」と言われています。 2003年から放送されたドラマ「冬のソナタ」で中高年の女性を中心に韓流ブームに火が付いてから、新大久保のエリアは、韓流ムードを味わおうとする日本人観光客が多く訪れるようになしました。最近では、韓流の主軸はドラマからK-POP(韓流音楽)へと変化し、若者も多く訪れるようになりました。中でも、「大久保通り」から「職安通り」のドンキホーテ横の細い路地は「イケメン通り」と呼ばれ、週末ともなると原宿の竹下通りを思い出させるほどの観光客で混雑します。また、本場の焼肉を食べてみたいというグルメ観光客にも人気の街です。 新大久保駅周辺や、大久保駅から大久保通り沿いに風俗店が集まっています。 高田馬場は、多くの大学や専門学校や予備校などが点在し、学生街として知られています。JR東日本の山手線、西武鉄道の新宿線、東京メトロの東西線が乗り入れられていて、利便性に優れています。 手塚治虫が社長を務めた手塚プロダクションが高田馬場にあることから、山手線の発車メロディが「鉄腕アトム」の主題歌のメロディとなっています。駅だけではなく、周辺の商店街にも手塚治虫の漫画のモチーフがあり、鉄腕アトム生誕の地としてアピールされています。 高田馬場駅早稲田口を出て、早稲田大学に通じる早稲田通りを歩くと学生向けの飲食店が多く建ち並んでいます。また、書店や古本屋など学生のニーズに合わせた商業地となっています。とりわけ多いのが、ラーメン店です。高田馬場といえば、都内でも有数のラーメンの激戦区であり、ラーメンを食べるためだけに訪れる人もたくさんいます。 駅から北東方向に伸びる「さかえ通り」は飲食店の並ぶ歓楽街ですが、風俗街としても有名です。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆中野・高円寺・荻窪 エリアってこんなところ! 中野は、サブカルチャーの街として有名です。新宿駅から中央快速で一駅という利便性の良さから、「住みたい街」としてのランキングは常に上位に上っています。それでいて、昔ながらの商店街は活気に満ち、地域にはしっかりとした「観光協会」が設立されていて地域経済の振興に力を入れているため、街全体が元気です。 JR中野駅北口には、アーケードになっている「中野サンモール商店街」を中心に路地裏までも、話題の飲食店などが軒を並べ、食べ歩きスポットとなっています。サンモール商店街のアーケードは特殊な音響設備が施されていて、立体音響を体感しながら通行することができます。近隣の住民や中野駅利用者、観光客などで、昼夜を問わず人通りが多く、テレビのインタビューの地としても知られています。 中野サンモール商店街の突き当たりには、中野サブカルチャーの聖地である「中野ブロードウェイ」があります。音楽、漫画、アニメ、おもちゃ、レンタルショーケースなどのマニアックな店舗のほか、輸入雑貨やアクセサリーの店舗もあり、あらゆる「オタク」の心をキャッチしています。中野ブロードウェイでは、無料のガイドブックを用意しているので、初めてでも館内を存分に楽しむことができます。 ブロードウェイ周辺は歓楽街になっていて、風俗店も多数あり、有名なイメクラ店舗などがあります。 高円寺は、JR高円寺駅を中心に繁華街となっていて、古着店、古本店、雑貨店、ライブハウス、飲食店などが密集し、リーズナブルなことから若者に人気の街です。路地裏には隠れ家的なカフェや雑貨店もあり、観光客も訪れています。 高円寺駅前では、毎年8月下旬に「東京高円寺阿波おどり」が開催され、その見物客の多さは、本場徳島の阿波踊りを超えると言われています。この祭りの知名度は年々上昇し、現在では東京の晩夏の風物詩となっています。 駅北口には「ねじめ正一」の小説の舞台となったことで有名になった「純情商店街」があります。また、近くにある「高円寺中通り商店街」は、飲食店中心の普通の商店街ですが、風俗店も並んでいます。 高円寺駅ガード下には、2009年にラーメン横丁がオープンし、グルメ雑誌などでも取り上げられ、高円寺の新名所となっています。 荻窪は、大正から昭和初期にかけては別荘地として栄え、以来、文化人が多く居住する閑静な住宅街としても知られていますが、荻窪といえば、やはりラーメンです。以前からラーメンの激戦区でしたが、ラーメンの中でも「荻窪ラーメン」というカテゴリに分類されているほどに有名になりました。「荻窪ラーメン」と銘打ったラーメンも各社から発売されていて、濃い醤油をベースにした東京ラーメンの味を確立しています。 JR荻窪駅南口から阿佐ヶ谷方面に向かうと、緑に触れながら読書に親しむことができる公園として整備された「読書の森公園」があります。絵本や杉並にゆかりのある作家の作品のモニュメントが点在し、気軽に文学に親しむことができます。 荻窪駅北口から北へ向かうと、広い敷地を持つ「天沼弁天池公園(あまぬまべんてんいけこうえん)」があります。池や庭石を活かした日本庭園風の公園で、公園内には杉並区立郷土博物館分館もあるので、身近に歴史を感じることができます。その他にも、荻窪駅周辺には、神社や寺、史跡も多くあり、散策に適したエリアです。 かつて荻窪駅周辺は、ピンサロで賑わっていましたが、現在は優良店しか残っておらず、デリヘルが中心です。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆池袋東口 エリアってこんなところ! 池袋東口は、JR池袋駅の東側で都内有数の繁華街です。 池袋駅東口駅前には、大型ショッピングセンターや量販店などが建ち並び、ショッピングを楽しむ人で賑わっています。東口といえば、「ビックカメラ」の建物が多くありますが、中でも「ビックカメラアウトレット」は、展示品や型落ち品などの家電品が破格で並べられているので、なるべく安く電化製品を買いたいという人は必見です。 東口を正面に進むと複合商業施設「サンシャインシティ」です。中でも一際目立つのは「サンシャイン60」です。完成当時は東洋一の高さを誇っていましたし、全国的に超高層ビル建設が進んだ現在でも上位ランキングにつけています。60階にある屋内展望台は、デートスポットとして安定した人気を保っています。毎年元日には早朝から営業されていて、ここから初日の出を拝むという人がたくさん訪れます。 サンシャインシティの中には、「サンシャイン水族館」があり、世界的に珍しい魚や水棲動物などが展示されているので、話題を呼んできました。ラッコやウーパールーパー、クリオネなどの最盛期は、一目見ようという観客で殺到しました。現在もアシカのパフォーマンスなどが毎日行われていて、休日は家族連れやカップルなどで賑わっています。 サンシャインシティには、「コニカミノルタプラネタリウム満天 in Sunshine City」があり、音楽と星空の融合した映像やアロマの香りを楽しみながらの天体ショーを楽しむことができ、こちらも人気です。 サンシャインシティの目の前には「乙女ロード」と呼ばれる通りがあります。女性向きのアニメやコミックスの店が密集しているエリアで、コスプレグッズのショップや予約でいっぱいの超有名店「執事喫茶 Swallowtail」などがあります。執事喫茶は、まだ出店数も少なく、女性に大変な人気となっていますが、メイド喫茶同様に性別を問わず利用できます。男性の場合は「お坊ちゃま」と「旦那様」のどちらで呼ばれたいかの選択をします。執事の雰囲気作りは徹底していて、メイド喫茶の比ではなく、池袋の新名所となっています。乙女ロードの周辺にもアニメやコミックス関連の店が点在しています。女性に人気のアニメやコミックスがメインとなっていますが、男性客も普通にいます。 サンシャイン60の向かい側には大型駐車場ビル「タイムズステーション」がありますが、上階層は「タイムズ スパ・レスタ」という温浴施設となっています。18歳以上でなければ利用できない大人のためのラグジュアリーなスパで、都会の喧騒を忘れてゆったりとくつろぐことができる人気スポットです。 池袋東口は、ビックカメラ池袋本店から豊島区役所付近に周辺に多く風俗店が集まっていて、業種もバラエティに富んでいます。また、風俗ビルとホテルが隣接していて、利用しやすくなっています。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆池袋西口・池袋北口 エリアってこんなところ! 池袋駅西口は、東武百貨店やルミネ池袋などのショッピングモールがあり、買い物客で賑わっています。 駅前には、池袋西口公園があり、広くゆったりとしたスペースが心を落ち着かせます。この公園は、小説やドラマで反響を呼んだ「池袋ウエストゲートパーク」の舞台となったため、ドラマ放映後は多くの若者が訪れました。 公園の脇には「東京芸術劇場」があります。世界最大級のパイプオルガンを有し、クラシックやミュージカルの公演を中心に、芸術文化の振興に貢献している施設です。 池袋駅西口を南に向かうと「自由学園 明日館(みょうにちかん)」があります。帝国ホテルの設計で有名なフランク・ロイド・ライトの設計により1921年に建設された校舎は、国の重要文化財に指定されています。現在は、コンサートや結婚式などのイベント会場として利用されるほか、撮影にも使われています。イベントがない時には、個人での見学にも対応していて、ラウンジホールでの喫茶のサービスもあり、落ち着いた雰囲気の建物の中でゆったりとコーヒーを飲むことができます。「見るだけではなく使える文化財」を目指した明日館の取り組みとして、料理や体操などの公開講座も開催されていて人気の高いスポットです。 西口周辺には、いくつもの商店街が連なり、歓楽街を形成しています。エスニック、中華など多国籍な飲食店があり、食べ歩きエリアとしても人気です。 池袋西口公園より北に位置する「西一番街」は風俗街となっています。また、池袋駅北口を出て文化通りを入ったところには、風俗専門のビル「池袋グランドビル」があり、風俗激戦区を勝ち抜いています。 池袋北口は、「トキワ通り」と線路の間にある商店街を中心に飲食店が数多く並ぶ歓楽街です。中国系の飲食店が多く、規模は小さいですが中華街が形成されています。隠れ家的なラーメン店や、本場の四川料理が食べられるお店もあり、食べ歩きスポットになっています。 池袋駅北口改札を出たところに「いけふくろう像」があり、駅のシンボル的な存在となっています。池袋には、ふくろうをモチーフとしたモニュメントが多数ありますが、この石でできたふくろう像が一番有名です。ふくろう像の前は、さほど広くないですが、待ち合わせスポットとして多くの人に利用されています。 駅を出ると、東武東上線沿線の壁面を利用した「池袋北口路上美術館」があり、新たな観光スポットとして道行く人の目を楽しませています。 線路から少し離れたところに位置する商店街、「西一番街」には、「池袋演芸場」があります。都内に4軒ある落語定席の一つで、落語や漫才、手品などの芸を楽しむことができます。芸人一人一人の持ち時間が長めであることから、近くでゆっくりと芸を楽しめるので、落語好きな人にもちろん、初めての人でも満足度の高い寄席となっています。 周辺は歓楽街ですが、質屋が多く点在しています。そのほとんどが老舗であり、池袋は「質屋の街」としても知られています。毎年6月には「いけぶくろ質屋まつり」も開催されていて、質流れ品やブランド品などが激安で放出されます。 池袋北口周辺は、都内最大級の風俗街として有名ですが、中でも「トキワ通り」は、吉原に次ぐソープ街を形成しています。また、その先はラブホテルが立ち並び、デリヘルも盛んであり、池袋北口は、大人の街となっています。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆五反田 エリアってこんなところ! 五反田は、JR五反田駅を中心としたエリアで、行政上で五反田という地名はありません。五反田といえば、大きく東五反田と西五反田に分けられます。 五反田駅周辺は繁華街ですが、西五反田にかけては、オフィス街となっていて、大手企業のビルが名を連ねます。 近年、五反田駅に直結した複合施設「レミィ五反田」がオープンしてからは、若い女性の休日に遊ぶエリアとして人気を呼んでいます。レミィ五反田のコンセプトは「働く女性のお助けどころ」ということで、ファッション、雑貨や食料品などのショッピングができるほか、カフェやリラクゼーション、ネイルケアなど女性向けの店舗が充実していますが、休日にはカップルも訪れます。 西五反田にある「TOC(東京卸売センター)ビル」は、商業施設とコンベンションセンターからなり、バーゲン会場や展示会場として使われるほか、大学の入学試験や資格試験の会場としても利用されています。TOCビルは、五反田駅から少し歩くため、無料シャトルバスを運行させるサービスも行っています。 東急池上線の大崎広小路駅前には、日本郵政株式会社が運営する「ゆうぽうと」があります。宿泊施設のほか、フィットネスジムやカルチャースクール、コンサートホールがあり、イベントやコンサートが開催されています。 五反田は大正時代に花街が設けられた歴史があり、都内でも最大級の風俗街として栄えています。東五反田側の駅前には、風俗店が密集する繁華街(五反田有楽街)がありますが、五反田全体が風俗街と言っても過言ではないくらいに、風俗店がまんべんなく点在しています。それでいて、外国大使館や高級住宅街などもあり、比較的閑静な街並みとなっています。 東五反田に流れる目黒川のほとりには、目黒川の水辺空間を活かした街作りを行おうと、「区立五反田ふれあい水辺広場」が設けられています。桜並木をはじめ四季折々の花木が施されていて、水辺と緑が調和し、訪れる人々に安らぎを与えてくれます。冬季にはその広場を中心に目黒川沿いの桜並木に大規模なイルミネーションイベントも開催されていて、新たなるデートスポットとして話題を呼んでいます。もちろん1人でも充分散策が楽しめます。そんな五反田の落ち着いた雰囲気が大人の遊ぶ街として魅力をかもしだしているのでしょう。 五反田の風俗店は他のエリアに比べて圧倒的に業種が多く店舗のコンセプトも多種多様で、選択肢の幅が広いことが特徴です。他のエリアに飽きてしまった風俗上級者にも人気のエリアです。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆品川 エリアってこんなところ! 品川といえば品川駅です。JR東日本とJR東海、京急の乗り入れるターミナル駅なので知らない人はいないでしょう。高輪口を出ると、大規模なシティホテルが立ち並んでいます。その後ろには高輪、御殿山などの高級住宅街があります。 中でも、「御殿山ガーデン」は江戸時代に将軍が鷹狩りの休憩地として使用していた御殿があったということで、現在はその格式を受け継いで、高層オフィス・高級賃貸住宅・シティホテル・日本庭園のある複合都市となっています。日本庭園には桜の木が多く、お花見スポットとしても知られています。 港南口を出るとビジネス街で、朝の通勤ラッシュ時には大勢の会社員で大混雑します。また、港南口には巨大なバスターミナルがあり、高速バス、定期観光バス、深夜急行バスや付近の企業専用バスなどがほぼ一日じゅう発着しています。 高輪口から南に向かって歩くと北品川。品川駅より南なのに北品川というのがややこしいですね。でも、この北品川から青物横丁あたりまでが、江戸時代には吉原にならぶ歓楽街として賑わった「品川宿」というエリアなのです。今でも、品川宿には芸者さんがいて華やかな文化が今も受け継がれています。そして、若い人にも芸者遊びを体験してもらおうと町をあげての取り組みがされています。また、毎年9月に開催される「しながわ宿場まつり」では、多くの露店が並ぶほか、マーチングバンドや人力車、江戸の風俗行列などのパレードが見られます。かつての花町だった品川付近は高級デリヘルのメッカで、サービスの質の良さに人気の高いものとなっています。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆新橋・銀座・汐留 エリアってこんなところ! 新橋は、多くのビジネスマンが集う街として知られていますね。テレビによく出てくるサラリーマンへのインタービューはいつもここで行われています。新橋駅は、日本で初めて鉄道が正式開業する際に起点駅でした。その歴史にふさわしく、日比谷口の駅前広場には本物のSLが展示されています。待ち合わせスポットとしても有名ですね。 汐留口側には新聞社やテレビ局など情報の最先端を担うオフィスが入った高層ビルやシティホテルが立ち並んでいます。中でも「汐留シオサイト」は、たくさんの飲食店がありショッピングもできるので、デートコースや観光スポットになっています。 烏森口は、昼は昔ながらの新橋の街並みですが、夜ともなるとネオンがキラキラとして歓楽街の顔をだします。JRのガード下には成人映画館もあり、新橋西口通り界隈へ行くとパチンコ店や居酒屋や風俗店が密集して賑わいを見せています。まさに、新橋はサラリーマンのための街です。 銀座は、日本最大の繁華街で、最先端のトレンドと伝統を持つ老舗が調和した魅力的な街です。銀座1丁目から銀座8丁目まであり、南北にのびる中央通りがメインストリートとなっていて、銀座4丁目交差点付近が、銀座の中心地として知られています。JRでは有楽町が最寄駅になりますが、地下鉄の銀座駅、銀座一丁目駅、東銀座駅などが利用できるほか、長い距離の地下道が発達しているので悪天候でも移動が便利なエリアです。 「銀座」という地名は海外にも知られているほどで、国内では繁華街の代名詞的な存在になっており、全国各地に「○○銀座」と呼ばれる商店街があります。銀座の地名の由来は、徳川家康が銀貨鋳造所を現在の銀座2丁目に移し、その通称が「銀座」だったことから始まっています。やがて銀貨鋳造所は別の場所に移転しましたが、通称の銀座という名前は残り地名になったのです。現在、銀座2丁目には、「銀座発祥の地」の碑が建てられています。 銀座は、明治の鉄道開通後は輸入商品や新しい商品を扱う商人たちが次々と店を開き、新しい商売の方法として店先にショーウィンドウを設けたため、いわゆる「銀ぶら」の基盤が出来上がりました。昭和45年から始まった歩行者天国は現在も続いています。銀座通りでは、誰でも無料でWi-Fiを使用することができるサービスが開始され、観光客に好評を得ています。 銀座のシンボルといえば、銀座4丁目交差点にある「和光の時計塔」です。ゆるい弧を描いた優雅な曲面のネオ・ルネッサンス様式の建物と、正確に東西南北を向いた時計塔は、経済産業省から「近代化産業遺産」に認定されています。 銀座4丁目交差点から東銀座に向かうと、歌舞伎興行の総本山である歌舞伎座があります。約3年に及ぶ工事を経て、低層の劇場部分と、高層のオフィスビルからなる「GINZA KABUKIZA」としてオープンしました。劇場は、日没から夜明けまでライトアップされ、銀座の夜を彩ります。歌舞伎に興味がない人でも、歌舞伎座の中には、食事処やお菓子や土産も充実していて楽しむことができます。 また、銀座8丁目には玩具のデパート「博品館TOY PARK」の本店があり、ファミリーにも観光客にも大人気のおもちゃ店となっています。明治32年に創業して以来、銀座初のエレベーター付きビルを建設し、日本で初めて百貨店という新語を用いた歴史ある店舗です。 銀座には店舗型の風俗店はありませんが、銀座発のデリヘルは盛んで、高級デリヘルが多いことが特徴です。 汐留は、江戸時代に埋め立てられた武家屋敷の街でしたが、新橋駅が建設されてから、東京の玄関として華やかで活気のある街となりました。現在は、超高層ビルが建ち並ぶ巨大複合都市「汐留シオサイト」のエリアを汐留と呼び、東京の観光名所として定着しています。 汐留シティセンターはグリーンのガラスカーテンウォールが美しい曲線を描く外観を持つ超高層ビルで、低層部は飲食店を中心に商業施設が軒を並べています。また、高層部には夜景を楽しめるレストランやバーがあり、グルメと東京の風景を堪能することができます。汐留エリアでも一際目を引く超高層ビル「カレッタ汐留」も、最上階は展望レストランになっていて、レインボーブリッジやお台場、銀座から東京スカイツリーまで見渡すことができます。カレッタの地下は、広告をテーマにした企業博物館「アド・ミュージアム東京」があり、広告図書館、展示ホール、AVホールを備えた入場無料の複合施設となっています。日本の広告史を概観できるほか、子供の頃に見たTVCMを見たりCMソングの視聴ができ、懐かしのひと時を過ごすことができます。 汐留は、風俗店はありませんので新橋まで足を運ぶか、汐留のホテルでデリヘルを呼ぶのが一般的です。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆大森・蒲田・大井町 エリアってこんなところ! 大森は、JR大森駅の西側にある大森貝塚が有名です。教科書で見た覚えがあるという人も多いでしょう。大森貝塚は縄文後期から晩期にかけての遺跡で、 国の重要文化財に指定されています。大森駅ホーム中央には、「日本考古学発祥の地」の碑があります。大森貝塚の一帯は品川区立大森貝塚遺跡庭園となっていて、電車の窓からも、その一部を垣間見ることができます。庭園の中には「大森貝塚」と刻まれた記念碑があるほか、貝層標本も保存されていて、貝殻が堆積している様子を見ることができます。庭園から池上通りを大井町に向かって少し行くと品川区立品川歴史館があり、興味のある人は、更に深く歴史を学ぶことができます。 大森駅の東側を少し行くと、繁華街とオフィス街が広がっています。中でも、「大森ベルポート」は、商業施設やオフィス、イベントホールなどの複合施設であり、A館・B館・C館・D館が輪になって建てられていて、その規模の大きさから大森のランドマークとして機能しています。オフィス棟には、大手企業が入居していて、多くのビジネスマンの姿が見受けられます。 大森駅山王口前の池上通りの坂道は八景坂と呼ばれ、昔は坂の上からの眺めは素晴しく、大森海岸はもとより房総までも見渡すことができたということです。 大森駅東口を線路沿いに南にすすむと、アーケードのある商店街があり、食堂や大衆酒場など昭和の雰囲気を味わうことができます。その周辺には風俗店もあります。 蒲田は、映画「蒲田行進曲」で一躍有名になった地名です。JR蒲田駅の発車ベルにも蒲田行進曲のメロディが使われています。蒲田駅は数年前に大規模な改修が行われ、2008年に駅ビル「GRANDUO(グランディオ)蒲田」がオープンして、洗練された都会の駅へと変貌を成し遂げました。駅周辺には、国内大手のホビー・手芸の専門店「ユザワヤ」が13棟もの店舗を展開していて、ホビー関連の道具や材料が何でもそろっています。その種類の多さは、店内を見て歩くだけでも楽しいものです。 駅の周辺は行政施設も集まっており、利便性が良く、活気のある地元商店街は、蒲田の魅力といえるでしょう。夜間も手軽に食事ができ、ビジネスホテルも多く存在する蒲田は、風俗店の営業も盛んで、人気の街となっています。 大井町は、大型商業施設と活気のある商店街が点在した、下町情緒と都心の利便性を兼ね備え、抜群の住環境であると定評があるエリアです。JR大井町駅には東急電鉄と東京臨海高速鉄道が近接しているほか、路線バスの運行も充実しています。 東口から徒歩1分ほどにある「東小路飲食店街」は、個性あふれる飲食店が数多く並び、昭和の面影を残す大井町の台所として親しまれています。そのレトロな雰囲気は、まるでアトラクションのようで、初めて訪れる人を驚かせます。価格破壊的な立ち呑み屋や人情味あふれる店主がそろい、しばしばテレビ番組で取り上げられることもあります。 大井町駅西口にはピンサロやエステなどの風俗店もありますが、ビジネスホテルも多くあるので、デリヘルが人気です。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆大塚 エリアってこんなところ! 大塚は、JR大塚駅を中心とした街で、駅を出ると都内で唯一残った都電の荒川線が走っています。東京メトロ丸ノ内線の新大塚駅も近く、隣の巣鴨からも至近距離にあります。大塚駅の北口には飲食店が多く、南口は商店街が広がり、生活に便利な街として人気で、マンションや住宅が多いエリアです。観光スポットとしては池袋と巣鴨におされ気味ですが、南口駅前の3つの商店街が中心となって「南大塚ネットワーク」を運営し、地域ブランド「大塚ものがたり」を展開し地域の活性化を推進しています。 戦前の大塚は都内でも屈指の繁華街でした。駅南口を巣鴨方面に進むと「大塚三業通り」があり、かつての花街の面影を残す立派な料亭なども見受けられます。「三業地」は、芸妓置屋、待合、料亭が三位一体となって営業を許可されたエリヤで、「大塚三業地」は最盛期には700人を超える芸者がいたほどの繁栄ぶりでした。三業組合の事務所である「見番」には、現在も芸者が在籍し、芸者遊びの手配ができます。大塚三業地は、海外スターや有名人がお忍びで訪れる東京の隠れ里として、静かな人気を保ち続けています。 JR大塚駅南口は現在、オフィス・ショッピングセンター・スポーツ施設・保育園などを統合した駅直結型の複合ビルが建設されていて、洗練された外観や最新の設備などから注目を浴びています。 駅南口を都電沿いを南に行くと、商店街「サンモール大塚」があります。迷路のように入り組んだ細い路地には、狭いスペースにぎっしりと商品を並べた店舗や飲食店が建ち並び、この一角だけで暮らしていけるほどの豊富な品揃えとなっています。安くて気軽に入れる居酒屋も多く、夜が待ち遠しいエリアです。サンモール大塚の中ほどにある天祖神社の境内には、空襲で焼けても芽吹いた樹齢600年の一対の大イチョウがあります。境内には子供に授乳をしている子育狛犬の姿があり、見る人の心をなごませています。天祖神社は、縁結び神社として根強い人気を持ち、初詣には多くの参拝客が訪れます。 都電の大塚駅から向原駅までの沿線には、バラが植栽されていて、開花時期には色とりどりのバラが咲き誇り、訪れる人の目を楽しませてくれます。この沿線のバラは420種類630株で、都内一の規模を誇り、大塚のシンボルとなっていて、5月には「大塚バラ祭り」も開催されていて、カメラを片手に多くの人がバラの花を楽しんでいます。 大塚駅北口にはピンサロやエステなどの風俗店が密集するほか、ラブホテルやビジネスホテルも多いのでデリヘルが盛んです。北口駅前は路上待ち合わせのメッカとなっていて、デリヘルは最高レベルの清楚系人妻が評判です。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆日暮里・西日暮里・町屋 エリアってこんなところ! 日暮里は、江戸時代中期以降、一日過ごしても飽きない里という意味で「日暮の里(ひぐらしの里)」と呼ばれていました。日暮里駅には、JR、京成本線、日暮里・舎人ライナーが乗り入れていて、近年では成田新高速鉄道「成田スカイアクセス」が開業し、都内から世界への玄関口となりました。 JR日暮里駅の東口のロータリーには、室町時代の武将「太田道灌」の騎馬像が堂々と建造されています。休憩用のベンチもあり、日暮里駅の待ち合わせといえば道灌前、と言われるほど多くの人に利用されている待ち合わせスポットです。 駅の東側は再開発され、3棟の高層マンションと商業施設で構成される「サンマークシティ日暮里」が誕生し、近代的な景観を持つ街に変貌を遂げました。かつて、駅付近に存在し、テレビなどでも紹介され観光名所として有名だった「日暮里駄菓子屋横丁」の町並みは取り壊されてしまいましたが、いくつかの店舗はサンマークシティに移転し今も営業を続けています。 日暮里駅東口から日暮里中央通りに向かっていくと、そこは両側約1キロにわたり生地織物の店が軒を連ねる「日暮里繊維街」です。日暮里繊維街に並ぶ店舗には、紳士婦人用服地はもちろん、繊維製品から服飾関連の小物や付属品にいたるまで、繊維に関する全ての物が取り揃えられいます。安くて便利な生地の街として、多くの人が買い物に訪れています。 日暮里駅西口には、昔ながらの活気にあふれた商店街「谷中ぎんざ」があります。この谷中地区には、歴史上重要な史跡や名所が数多く点在しているので、散策地域としても有名です。 西日暮里も、下町情緒の残る散策に人気の街です。駅の西側は道灌山通りで、通り沿いには毎年東大合格者数トップを誇る有名校である開成学園(中・高校)があります。その向かいには、西日暮里公園があり、この付近は、昔「道灌山」と呼ばれた台地で、この地に出城を築いた「太田道灌」に由来しています。また、このエリアは江戸時代の観光スポットで、秋の虫の音を聴いて楽しむ「虫聴き」の名所として江戸一番の人気でした。 西日暮里公園を日暮里方面に向かうと諏方神社があります。この神社は、日暮里、谷中の総鎮守であり太田道灌も江戸城の築城の際には、この諏方神社を鎮守としました。諏訪神社境内奥には見晴らし台があり、電車ウォッチングに訪れる人も多いです。「諏方神社」の近くには、「富士見坂」という坂があり、富士山が見えます。現在は高層マンションの建設で富士山全景は見られませんが、東京の風景遺産として愛されています。毎年1月には、富士山の山頂と太陽が重なり美しい光を放つ「ダイヤモンド富士」が観測できるので、非常に多くの人が訪れます。 日暮里駅から西日暮里駅の間にラブホテルが存在するため、デリヘルがさかんです。 -------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆巣鴨・駒込・赤羽 エリアってこんなところ! 巣鴨は、北側には、とげぬき地蔵で有名な高岩寺があり、門前町として知られています。巣鴨地蔵通り商店街周辺は、多くの高齢者で賑わうため、「おばあちゃんの原宿」と言われています。よくテレビで行われている年配の方へのインタビューはここで行われています。 とげぬき地蔵の由来は、ある女中が針を誤飲したときに、地蔵菩薩の御影を飲み込んだところ、無事に針を吐き出すことができ、吐き出した御影には針が刺さっていたという言い伝えがあり、それでとげぬき地蔵と呼ばれるようになりました。それから、他の病気の改善にもご利益があるとされたので、高齢者の参拝が多いのです。本尊である延命地蔵は秘仏なので非公開となっていますが、「御影」という地蔵菩薩が描かれている和紙を水などで飲みこむことで病気が良くなると言われています。 小さなお店が並び、人情味あふれる巣鴨地蔵通りは、古き良き日本の文化を感じさせます。これは、商店街が一丸となって「おもてなしの心」を意識している成果ともいえます。 巣鴨地蔵通り周辺には、たくさんの見どころがあります。巣鴨駅北口を出て白山通りの右側には、染井霊園があります。桜の代名詞として知られるソメイヨシノはこの地に集落をつくっていた植木職人が改良して作られた品種です。ソメイヨシノのソメイは染井なのです。現在も、桜の名所として知られています。また、霊園には、多くの著名人が埋葬されていて、散策を楽しむ人が多く見られます。 染井霊園の向こうには「本妙寺」があり、東京都指定旧跡となっています。ここには「遠山の金さん」こと遠山金四郎景元のお墓があり、巣鴨の名所の一つです。 白山通りをさらに足をのばすと、飛鳥山公園があり、この公園は上野公園に並ぶ歴史のある公園です。八代将軍徳川吉宗の指示で、庶民が安心して花見ができる場所として整備されたことが飛鳥山公園の始まりです、付近の庶民は本当に「お花見」を楽しみにしていたようです。その様子は、浮世絵や、落語などで語り継がれています。 巣鴨の桜といえば、巣鴨駅南口を駒込方面に向かと、「六義園(りくぎえん)」も有名です。六義園の歴史も古く、現在は、江戸時代を代表する日本庭園として、特別名勝に指定されています。緑豊かな景観は、都心にいることを忘れてしまうほどです。 やはり、お年寄りで賑わう巣鴨駅前商店街ですが、その北側に1歩足を踏み入れると歓楽街です。巣鴨は知る人ぞ知る都内有数のピンクサロンの街なのです。特に巣鴨駅南口の西友周辺にはピンクサロンが密集しています。価格設定もリーズナブルなものとなっています。ピンサロの他にも出会いカフェや個室ビデオ店なども充実しています。また、デリヘルもさかんで、巣鴨のデリヘルは人妻系で人気を呼んでいます。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆上野・御徒町 エリアってこんなところ! 上野は、JR上野駅が東京の「北の玄関口」として今も昔の多くの人に利用されています。そして、多くの見どころがあるため、観光客で賑わっています。 上野駅公園口を出て道路の向こうは上野公園です。広大な敷地の中には、動物園をはじめ、美術館や博物館などもありますが、不忍池までの緑豊かな風景は都心で暮らす人たちの憩いの場として、たいへん人気です。不忍池の手前に建つ西郷隆盛像は100年以上も前に建立され、「上野の西郷さん」と呼び親しまれ、上野の象徴的存在です。上野の待ち合わせスポットとしても有名です。 公園の外側には教育施設が多く存在し、都内でも有数の文教地区として知られています。 上野駅浅草口から昭和通りに向かうと、都内最大のバイク街があり、目当てのものを探しに、近郊からバイク好きが集まってきます。 上野から御徒町駅北側に続く「アメヤ横丁」は、観光地として人気のスポットです。元々は飴を扱う問屋街だったことから「アメヤ横丁」と呼ばれるようになりました。現在は、食品はもとより、衣類、雑貨、アクセサリーなどがひしめくように並び、大変活気のある商店街です。年末には、正月用の生鮮食品を買いにくる客で大混雑となり、その様子は、年末の風物詩としてテレビで中継されます。衣類や雑貨店は年末になると、食料品も売るようになったり、店を生鮮食品業者に間貸ししたりするので、賑わいがエスカレートするのです。 不忍通りの裏手には、上野でも有名な飲食店が立ち並ぶ「仲町通り」があり、風俗街としても有名です。以前は客引きが多かったのですが、現在は、街と警察の連携で不正な客引きを取り締まっているため、安心して夜の上野を楽しむことができます。アメ横と昭和通りとの間にも風俗店があります。 御徒町は、駅周辺には宝石・貴金属店が多く集まり、かつてジュエリータウンとして名を馳せていました。さらに歴史をさかのぼると、寄席、見世物小屋、射的などが並ぶ、東京の一大歓楽街でした。その流れは現在も受け継いでいて、都内でも有数の歓楽街として知られています。 JR御徒町駅南口駅前には、最近オープンした「おかちまちパンダ広場」があります。きれいにガーデニングが施され、ベンチもあり訪れる人の憩いの場となっています。 2010年には、JR御徒町駅からJR秋葉原駅へ向かう高架下に、「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキ・オカアルチザン)」がオープンしました。JR東日本都市開発が運営する商業施設で、職人的なクリエイターによる店舗ばかりを集めた画期的なショッピングモールです。白を基調としたスタイリッシュな街並みとなっていて、クリエイターのショップ、工房やカフェなどが軒を並べているのです。話題を呼んでいます。モノづくりに情熱をそそぐクリエイターの気持ちが伝わってくるショップを見る楽しさもありますが、モノづくり体験ができるワークショップも開催されていて、話題を呼んでいます。 御徒町は歓楽街ですので、駅周辺はピンサロ、ソープ、ヘルスなどの風俗店がある激戦区で、激安店などもあります。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆鴬谷 エリアってこんなところ! 鶯谷(うぐいすだに)は、上野と日暮里の間に位置し、山手線の中でも1日平均乗車人員が最も少なく、JR鶯谷駅もこじんまりとしています。そんな鶯谷が一番活気を見せるのは入谷鬼子母神(真源寺)周辺で行われる「朝顔まつり」です。入谷鬼子母神は鶯谷駅から昭和通り方面に向かう途中にあります。「恐れ入谷の鬼子母神」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。「恐れ入りました」という意味で使うしゃれ言葉で、「恐れ入りや・・・」の入りやと地名の「入谷」を掛けた言葉です。江戸の中期の狂歌師から生まれた言葉が現在も使われているのだから歴史を感じます。この鬼子母神を中心としたエリアで開催される「朝顔まつり」ですが、開催期間中は車両通行止めにするほど盛大であり、江戸情緒豊かな夏の風物詩として、よくテレビでも紹介されます。多数の朝顔業者と露店が並ぶ、日本最大の朝顔市です。 鶯谷駅の北口は、東京国立博物館や東京藝術大学があり、鶯谷駅が上野駅と至近距離であることを実感します。東京藝術大学の北西部に位置する高台は「上野桜木」エリアです。上野桜木は、伝統的に高い文化的風土を保持した高級住宅街です。地名の通りに桜も多く、おしゃれなカフェなどもあり散策に訪れる人もいます。 鶯谷駅下には、「朝顔通り」という商店街があり、居酒屋や大衆酒場などが立ち並んでいます。入谷周辺には、朝顔の文字や朝顔のモチーフが多く見受けられます。 鶯谷駅の南口には「東京キネマ倶楽部」があります。元々グランドキャバレーだった設備を使った、大正ロマンのオペラハウスを再現したライブハウスで、主にコンサート会場として利用されています。「ももいろクローバーZ」などのアイドルをはじめ、声優やミュージシャンのコンサートが行われていることもあって、東京キネマ倶楽部の知名度は急激にアップしました。 言問通りを超えて根岸まで足をのばすと、「西蔵院不動堂」があります。この境内には、「御行の松(おぎょうのまつ)」というとても有名な松の木があります。江戸時代から「根岸の大松」として人々に親しまれ、江戸名所図会や浮世絵師の安藤広重にも描かれた江戸名松の一つです。樋口一葉の小説や正岡子規の俳句の題材にもなりました。また、不動堂の境内は地元の人々の憩いの場となっていて、地域の行事などでも利用され、親しまれています。 不動堂のある根岸周辺は、江戸から明治時代にかけて、風光明媚な別荘地として発展していました。大正時代になってからは花街として賑うようになりました。このような歴史を持つ鶯谷駅周辺は、ラブホテルの密集地として知られています。多くのデリヘルなどの事務所やコンパニオン待機所も存在します。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ◆秋葉原・神田 エリアってこんなところ! 秋葉原は、世界有数の電気街として知らない人はいないでしょう。JR秋葉原の西側には、電器店が多数立ち並んでいます。特に、パソコン、パソコンパーツ、そして携帯電話などインターネット関連のものが何でも揃っていて、まさにマルチメディア最先端の街です。また、アニメ、コミック、フィギュア、メイド喫茶なども多数あり、「オタクの聖地」としても知られています。もちろん、アイドルグループ「AKB48」ファンにとっても聖地です。 JR秋葉原の電気街口を出るとすぐに「秋葉原ラジオ会館」があります。アニメやゲーム、プラモデルにフィギュアなどホビー系の店舗が多く入居しており、各フロアを見て歩くだけで、あっという間に時間が経ってしまいます。 電気街口から至近距離には巨大ロボットアニメの金字塔であるガンダムをテーマにした「ガンダムカフェ」があります。ガンダムをイメージしたメニューや、グッズの販売がされていて、初心者から熱心なファンまで、ガンダムの世界観を楽しむことができます。夕方になるとガンダムの劇中のエピソードをイメージしたカクテルが提供され、種類が豊富なので何度行っても楽しめます。 秋葉原地区開発計画を受けて、「秋葉原クロスフィールド」が建設されてからは、駅周辺の外観がファッショナブルになり、さらなる観光地化が進んでいます。秋葉原クロスフィールドの敷地内にある超高層ビルの秋葉原UDXには、「東京アニメセンター」がオープンし、アニメ関連の充実した展示を見ることができます。声優のトークショー、アニメの上映なども行われていて、アニメ好きにはたまらない施設です。 今や秋葉原の名物となったメイド喫茶は、PCパーツ街やその周辺に多く、チラシを配布するメイドの姿も多いです。メイド喫茶では、メイ
携帯サイトはこちら→http://www.tijyohuzoku.com/i
痴女ブログ